有機野菜とは

有機野菜を一言でいうと

自然の流れに逆らわずに作られた野菜

と解釈することができます。

一般的な農業は化学肥料を使っていますが、長期に渡って化学肥料を使い続けると土の中の微生物量に変化が起こり、その土で作る野菜が病気になりやすかったり、味が落ちる原因になると言われています。

その対策のために、さらに農薬を使う・・

という悪循環も起こりかねないのです。

そのような事態を避けるため、または健康的で美味しい野菜を作るために、化学肥料や農薬の使用を避け、自然の堆肥等で土作りを行い、そこで生産された農産物を『有機野菜』と呼びます。詳しい定義はWikipediaの「有機農産物」のページに書いてありますので、詳細を求める方は是非見ておいてください。

有機野菜は、その野菜を作る前2年以上の間、堆肥等で土作りを行った畑で生産された野菜と定義されています。そして、有機JAS規格の適用を受けるための審査に合格しないと、有機○○という表示が出来なくなっています。

そして有機JAS規格の適用を受けている野菜は「有機JASマーク」の表示が付けられます。有機野菜でないのにこの「有機JASマーク」を付けると罰則が待っています。厳しい取決めなのです。

そのような規約を守り、大変な手間と苦労を重ねて作られているのが有機野菜なのです。その分、本来の美味しい味を出すようになったり、有機野菜は健康的だと言われるようになり、自然な食材を求める方たちから確実に需要があるため、人気も高いのです。

そして苦労して作られている分、価格も従来の野菜よりも少し高めの設定になっています。

「費用は少し上がっても良いから、より健康的で美味しい野菜を食べたい」という方は、是非とも有機野菜の購入を検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です