有機野菜は農薬を使っていないの?

化学肥料や農薬を使わず、国が定めた有機JIS規格を守って作られた野菜が『有機野菜』です。これを聞くと、誰もが「有機野菜の方が体によく、健康的なのではないか」と思うのではないでしょうか?

確かに、国から「有機野菜」という表示が許されている野菜たちは、健康・安全面では間違いないと言えるでしょう。これについては、管理人も色々と調べましたが、総合して有機野菜の方が安心度は高いと思っています。

ただ、有機野菜といえど、全てが自然任せで作られている訳ではありません。勘違いしている方もいるかも知れませんが、有機野菜とはいえ、全部が全部農薬を使っていない訳ではないのです。

むしろ「農薬を使った方がいいものが出来る」と判断される場合は、農薬は使われているようです。農薬を使わないと、逆に野菜が害虫の脅威にさらされ、人体に有害なストレス物質を発生させてしまうケースもあるようです。なので、無農薬が必ずしも体に良いとは限らないのです。

適度に農薬を使い、ベストな野菜を育てる。このスタンス、柔軟でいいですね。

農薬を使っても、有機野菜という表記は崩れません。なぜなら、国際基準で定められた農薬なら使用を認められているからです。健康のために、より追求されているという感じがします。

このようなことから、有機野菜の表記がされてあるものは、かなり安心して食べることができると判断できます。農家の方が一生懸命作った「ベストな野菜」という表現もいいかも知れません。

++++++++++

この記事を書くに当たり、非常に参考になったページがありますのでご紹介しておきます。
有機って何? 無農薬とどう違う?|日経レストラン ONLINE


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です